×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

裁縫の縫い方を学べば女性の品格がスキルアップしちゃいます

人気の裁縫セットはこちらからどうぞ
裁縫を最近やってますか?小学校の家庭科の時間からご無沙汰なんて人はいませんか?あの、家庭科の時間は大の苦手でしたが・・・でも、最近になって裁縫をやらなくてはならない事が多くなってきました。子供が保育園で使用するものにまつり縫いをしたり、主人のシャツのボタンが取れたときにはボタン裁縫をして最後に玉結びをしなくてはなりませんよね。雑巾を縫ったり子供の服が破れ場合には補修のために裁縫をしなくてはなりませんね。あ〜、子供の頃からやっておけばよかった。なんて、今さら後悔しても始まりません。とりあえず、裁縫といえば縫い方がわからなければ効率よく物を縫えませんよね。小学校の子供がいる友人から家庭科の教科書をコピーさせてもらってきました。いろいろな裁縫方法が載っています。ボタン裁縫、雑巾の縫い方、まつり縫い、並縫い、半返し縫い、本返し縫いなどいろいろな縫い方が勉強できました。そんな基本的な縫い方さえ分かっていない自分が恥ずかしい限りです。ただ、逆に、裁縫が出来さえすれば女性の株ってあがると思いませんか?まあ、料理とかもあるのかもしれませんが・・・  

裁縫を基本から学んでみませんか、特に裁縫初心者の方は

自分で思うように裁縫が出来ないという方、裁縫教室がお薦めです。特に裁縫初心者の方にはいいと思います。基本的なことから教えてもらえると思います。基礎から学べば、我流でやるよりも裁縫スキルは格段にあがります。では、裁縫教室ってどんなところなのでしょうか?一言で裁縫教室といっても仕事で使うようなプロ並みの技術を身につける教室から私のように日常に使う程度の裁縫まで非常に幅が広いですね。また、和裁、洋裁の別もあります。今回は、趣味程度の裁縫教室を探してみました。このような教室はだいたいミシンメーカーさんや大手手芸洋品店さんが販売促進を含めて裁縫の講習会をやってらっしゃるみたいですね。ミシンメーカーでいうと、ジャノメミシンがやっているジャノメ裁縫教室(ジャノメソーイング教室)、ブラザーミシンのやっているソーイング講習会などがあるみたいです。また、大手手芸洋品店のトーカイではクラフト講習会やキッズニット講習会などを展開しています。このような裁縫教室を利用すれば、一人で学ぶより裁縫のスキルは上がると思いますので、是非、利用してみて下さいね。

裁縫道具にもこだわりをもちませんか

せっかく、裁縫の方法を勉強したのに裁縫道具が小学校の家庭科の授業で使ったものだったりしていませんか?(実は、私がそうなんですが)自分でも最近少しは以前より裁縫スキルがアップしたと思い始めた今日この頃、裁縫道具にこだわるようになってきてしましました。一言で裁縫道具といっても実はいろいろなものがありますよね。裁縫箱から始まり、針、まち針、チャコペン、ピンクッション、手縫い針、ミシン糸、指ぬき、定規、メジャー、リッパーなどなど。多種多様です。また、それぞれ、メーカーもいろいろあって全部の種類を見比べるなんて到底不可能でしょうね。では、自分に最も合うのを探すにはどうしたらいいのでしょうか?それは、実際に触ってみることです。実際に使ってみることです。手芸店に行けばだいたいの裁縫道具は揃っています。また、最近はホームセンターやドラッグストアなどにも品揃えが豊富なところもたくさん出てきました。実際に、自分の眼で見てみないと本当に使いやすいのかどうかわからないですから。後は、裁縫教室に実際に通ってみてそこで講師の先生に聞いてみたりするといいと思いますよ。



Copyright © 2008 裁縫の縫い方を学べば女性の品格をスキルアップできちゃいます